行政・地域情報
介護保険情報
  ・介護保険の仕組み
  ・要介護認定
  ・介護保険料
 
申請手順
介護サービス一覧
住まいについて
福祉用品

介護保険で受けることができるサービスです。
これらのサービス内容と介護報酬について説明します。
尚、介護報酬は単位で表記、1単位 : 約10円です。

介護老人福祉施設〔特別養護老人ホーム〕
日常生活に常時介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が利用します。食事、入浴、排泄など日常生活の介護や健康管理が受けられます。

介護老人保健施設〔老人保健施設〕
病状が安定し、リハビリに重点を置いたケアが必要な高齢者が利用します。医学的な管理のもとで、日常生活の保護や機能訓練が受けられます。

介護療養型医療施設〔療養病床など〕
急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とする高齢者の為の医療機関の病床。医療・看護・介護などが受けられます。

訪問介護〔ホームヘルプ〕
ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄など身体介助や、炊事、掃除などの援助を行います。また、通院などのための乗車又は降車の介助も受けられます。

訪問入浴介護
入浴が困難な寝たきりのお年寄りなどの家庭を、入浴施設や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。

訪問看護
訪問看護ステーションの看護士、保健士などが家庭を訪問して、主治医と連絡を取りながら病状を観察したり床ずれの手当てなどを行います。

通所介護〔ディサービス〕
デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練などが受けられます。

福祉用具貸与
心身の機能が低下したお年寄りに、車いすやベッドなど日常生活の自立を助ける用具を貸与するサービスです。

訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士が家庭を訪問して、日常生活の自立を助けるためのリハビリテーション(機能訓練)を行います。

通所リハビリテーション
介護老人保健施設や医療機関などに通い、リハビリが受けられます。

短期入所生活介護・短期入所療養介護〔ショートスティ〕
短期間、施設に宿泊しながら、介護や機能訓練などを受けることができます。
居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して医学的な管理や指導を行います。

特定入所者生活保護
有料老人ホームなどでも、必要な介護を介護保険で受けることが出来ます。

認知症対応型共同生活保護〔グループホーム〕
認知症の状態にある高齢者が5〜9人で共同生活をしながら、家庭的な雰囲気の中での介護が受けられます。

福祉用具購入費・住宅改修費の支給
日常生活の自立を助ける用具や住宅の環境を改善するための費用支給サービスです。